カテゴリ:学問・教養( 4 )

無駄になるとは思いつつも...

今現在、自宅で教材を片手にExcel2007の勉強中。完璧にExcelを理解できたとは言えないけど、分かりやすい教材のお陰で「こんな風にも使えるのか!」と日々新鮮な発見があります。グラフの種類やレイアウトも豊富で凄いなぁ、と。

業務でExcelを使ったことがないわけじゃなく、ベタ打ちでしか使ったことがないんですね。無料のExcel講習(しかも初級)ってのも受けたことがあったんですが、かれこれ5年前の話。もう忘れてしまってます。

「ああ、こんなに面白いものならもっと早い時期に覚えりゃよかった」と悔しがってみるけど、バイト辞めてなかったら必死になってExcelの勉強なんてしなかっただろう、とも思います。

Wordに関しては古いwinで97版を使っていたんですが、2007版を良く知りません。したがって、Wordの勉強も再度必要です。以前、97版を使うノリで2007版使ってみたら、失敗の連続となり、困ったことがありましたので。

私の年齢のこともあるので、事務職での再就職はかなり無謀なことかもしれません(汗)でも自宅でやれることはやっておかねばね。採用する側はWord・Excelは使えて当然と構えてますから。
d0007062_18585793.jpg

(↑UPした画像はとある教材の指示どおりに作成したデータ・グラフ)
[PR]
by katze888 | 2011-03-07 18:52 | 学問・教養

4年間の心強い味方

自宅の本棚を探っていると、数年前に使っていた英和辞書を見つけました。
d0007062_23461880.jpg

           ケースに入っているところ。なんか小汚い(汗)

d0007062_23465522.jpg

           本体

この英和辞書を使っていたのは2001年の春頃から2005年の年始頃までの約4年間。このブログを見てくれている皆さんの中には知っている人がいるかと思いますが、アタシはかなり年齢がいってからの短大の2部への社会人入学、途中、4年制大学の2部への編入学を経験してます。短大、大学いずれでも英文学を専攻しておりました。毎年教科が変わっても、通う学校が変わろうと、その間肌身離さず、そして、物覚えの悪いアタシの4年間を支えてきてくれた大変心強い味方でした。

UPした画像で察しがつくかとは思いますが、この英和辞書のサイズはとても小さいです。2001年当時、軽くてとにかく小さい英和辞書を、と思って探したところ、これに行き着いた。それこそ、タバコの箱くらいのサイズのもっと小さい辞書もあるんですが、英文科の学生なのに、いつもタバコサイズの辞書じゃあね。収録されている語彙も極端に少なくなるし、やる気が無さそうな学生に見えてしまいそう(実際クラスメイトの中に先生に「やる気あんのか?」と言われた人がいた)。さすがにそれは避けたかったわけで、最低限の大きさと語彙数を持ったこの辞書に決めました。周囲にいた電子辞書派も、この小さな英和辞書を見て欲しがる人も多かったですが。

4年間、いつもカバンの中に入れて、授業がある日無い日関係なく始終使っていたので、保護用のケースがボロボロに破れ、テープでの補修を繰り返しました。とにかく汚い装丁になってしまいましたが、その分愛着も湧くもんです。特にアタシの場合はコイツのおかげで、随分助けられたという思いが強いのでなおさらでした。

そんなこんなで、実は先週末、英字新聞を数年ぶりに買いました。英文科卒業のくせに、数年も英字新聞読んでないんだから、とんでもないかも。
昔、意味を知っていた英単語、今となっちゃ忘れている。最近は携帯に英和辞書の機能がついているので、そいつを使ってますが。早く引けるので便利だけど、熟語の収録数が極端に少ないので、やっぱり携帯の機能というものには限界があるようですね。

d0007062_23474031.jpg

           これからも、この小さな英和辞書に世話になります。
[PR]
by katze888 | 2008-01-27 23:52 | 学問・教養

文章作成とkatze

 私は今でこそ、ひたすら文章を書き続けております。また、この作業に妙な生き甲斐なんぞを感じてます。ご覧いただいているとおり、基本は「タレ流し」系のいい加減な文章です。まあ、笑ってやってください。
 しかし、この私、小学生のころは、作文と文集等を書くことが嫌いでした。いや、こんな言葉だけじゃ足りません。本気で大嫌いでした。この世から作文と文集がなくなればどんなに幸せか、と思っていたほどです。
 何故、幼い頃、作文・文集嫌いだったのか?これは小学校2〜3年生の時の担任教諭(男)と私の相性が悪かったこと、これが原因になってます。この担任はとにかく宿題を毎日児童に課しました。宿題の中には作文、夏休みは日記の課題も多く含まれ、また半期に1冊文集をクラスで作成までありました。文集に関しては、児童の親にまでコメントを書かせたりするので、本当に家族共倒れになりそうでした。
 また、この担任は文章の添削が大好きでした。作文や文集が完成するまで、どのくらい私は自分の書いた文章に訂正を入れられただろうか?今思うと、大学の卒論並みの添削のされ方でした。赤ペンで私の原稿用紙は添削され、真っ赤になりました。10才にも満たない子供にとっては、赤ペンで真っ赤になった原稿を返却されたり、添削、修正の繰り返しは苦痛かつ、自信喪失のタネでしかないわけです。この文章作成の苦痛とこの教諭から逃れられるのはいつなのか、と心底考えたものです。
 最終的に担任の言うがままに文章を仕上げたため、小学校の担任のおかげで文章作成が上達することはありませんでした。しかし、文章作成の大嫌いだった私、中学生の頃には、文章作成に対して抵抗がなくなりました。単純な理由ではありますが、私の書く文章が面白いと言う人が現れたからです。その人は中学校2年の時の担任教諭(男)でした。クラスをいくつかの班に別け、班ごとに1冊のノートを渡しました。何でも良いから好きなことを適当にこのノートに書けと。そこで私がマヌケな挿し絵入りの日記を書きまくったら、担任にウケてしまい、彼はコメントをたくさんくれました。この時の赤ペンのコメントは超うれしい赤ペンでありました。
 この中学時代の担任には20年近く会ってませんが、どうされているだろう?学童期の頃の、大人からの評価はその子供の将来を左右すると言っても過言ではなさそうです。中学時代の担任からのささやかな良い評価のおかげで、アンチ文章作成にならずにすみました。
 また、この先もわけわからない文章を「タレ流し」ます。よろしく。
[PR]
by katze888 | 2005-05-25 23:23 | 学問・教養

語学マニア

 私は20代前半から、独学でなんかやってやろうと思って、語学テキストをよく買いました。英語が中心でした。しかし、他の言語にも関心があって、広東語、北京語、タイ語、フランス語、ドイツ語などなど、つまみ食い程度が主流。そのせいか、これらの言語がモノになっていないのです。
 昔、知人に私の語学学習の遍歴を話したところ、その人から「katzeさんは語学マニアだね〜」と言われました。この言葉を投げかけられた私はとても複雑な気持ちに。感心されているのか、バカにされているのか。その知人は大学での専攻は語学でもなく、留学経験者でもなく。国内だけでの学習だったけど、それでも英語が達者だったのでした。だからこそ、その言葉が今だに記憶に残っていたのです。
 「語学マニア」と呼ばれて約3年後、私は短大・大学の英文科に進学し、そこから4年後、英文科を卒業。だーけど、語学マニア・katzeは結局、英語すらモノにできずじまいでした〜。私は「語学マニア」というよりは、むしろ「語学ジプシー」なのかもしれません。
[PR]
by katze888 | 2005-03-31 22:51 | 学問・教養

Katze(カッツェ)です。どうぞよろしく。


by katze888

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自己紹介
mail to katze
リンク集
コメント非公開の件
ごあいさつ
更新・お知らせ
ネコ・動物
飲食
レストラン or カフェ
旅 or 海外事情
散策・界隈
季節
植物
映画・舞台
音楽
文学・読書
美術
学問・教養
健康・美容
仕事関係
インターネット・PC
出来事
その他
政治・法律
経済・社会

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
more...

Link

ライフログ


Innervisions


Led Zeppelin III


カーメン・ライヴ・アット・センチュリー・プラザ(完全盤)


The Best Smooth Jazz...Ever!


愛しのチロ


東京猫町


ひみつのグ印観光公司


ワイズ・チルドレン


Kai Tak


ストレンジャー・ザン・パラダイス


ヴァセリンPリュームジェリーLL (3入り)


THERMOS 真空断熱ケータイマグ ステンレスブラック JML-351 SBK

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧