カテゴリ:レストラン or カフェ( 13 )

LE JARDIN BLEU(ル・ジャルダン・ブルー)のケーキを食す。

今日は多摩市内にある洋菓子の名店・LE JARDIN BLEUに行きました。
私は心の中で密かに「多摩の洋菓子店の雄」と呼んでいるお店です。

d0007062_18584950.jpg

入口です。

d0007062_18591314.jpg

これがテラス。


過去に日持ちがし、持ち帰りが楽なサブレやクッキーはよく買ってましたが、生菓子のケーキはまだ買ったことがなかったんですね。一度で良いから店内でこの店のケーキを食べてみたかったのであります。

d0007062_18593816.jpg

上品な甘さのフィオ・ノワールとブレンドコーヒー。ケーキに仕込まれていたシロップ漬けのサクランボがたまらなく美味しかったっす。
[PR]
by katze888 | 2011-10-10 19:30 | レストラン or カフェ

初めてのコメダ珈琲店

d0007062_1835691.jpg

今日、初めて「コメダ珈琲店」に行きました。喫茶店文化が根付いている愛知県の有名なお店のようです。ネットで調べてみると、愛知県を中心に全国に400店舗以上あるんだそうで。多さにちょっとびっくり。

d0007062_1842715.jpg
d0007062_1851338.jpg

先々週、多摩市内をウォーキング中に見つけてしまい、こりゃいつか入らな~にゃぁ~と思いました。

d0007062_185263.jpg

店内は白木造り。連休の最終日のせいか客が多く、少し待たされた。

d0007062_186372.jpg

ブレンドコーヒー(大)500円とコメダグラタン690円。グラタンに何故かきざみ海苔が。嫌いじゃないけど、フツーにドライパセリでも良いのでは?(笑)

次回は朝のメニューを試してみよう。
[PR]
by katze888 | 2011-09-19 18:30 | レストラン or カフェ

たまにはスタバ

d0007062_147527.jpg

体調がすぐれなくて家にいることが多い。でも、たまの外は良いね〜
[PR]
by katze888 | 2011-04-16 01:47 | レストラン or カフェ

Hard Rock Cafe Tokyo

どうも、こんばんにゃ。katzeです。

今日、麻布十番に行ったついでに、六本木に寄りました。なものですから、Hard Rock Cafeでランチとりました。しかも初めて入りましたよ、この店。都内だと六本木と上野、関東だと横浜にある世界的な外食チェーンじゃないですか。

新宿か渋谷にあれば当の昔に利用していたと思います。が、ロケーションが六本木とか上野になると、あまり縁のない地域だしねぇ。横浜だと、アタシは真っ先に中華街に潜伏して飲茶に走りますものですから。

でも、70'sや'80sの洋楽ロックファンの私が今まで行かなかったのが、自分でもちょっと不思議でした。「食べ物の価格が高そう」、「観光客が多そう」というイメージがあって、あまり入る気持ちになれなかったんですわ。でも物は試し、しかも自分ロックファンだしね、ということで寄ってみました。

d0007062_23105660.jpg
d0007062_23112939.jpg

Eurythmics"Sweet Dreams"のプロモ(古い。今じゃPVって言う)を見ました。この曲大好きなんすよ。Annie Lennoxの美貌にも同性として惚れてしまいます。あ~、年が知れちゃいますね。

d0007062_2312884.jpg

スープがやってきました。クラッカー付き。野菜チャウダー風。店内が暗いせいで画像のスープボールが闇の中で不気味に白く浮き上がって見えます。

d0007062_23124951.jpg

税込¥1000のランチ(スープ+フリードリンクつき)。フライドチキンのバーガー。これマジで美味しかったですよ。テリヤキ風味のソースがあっさりとしてましたし、チキンもジューシーで脂っこくなくって良いです。でもいかんせん、量が多すぎ。さすがアメリカンサイズ。フライドポテトも爆発的な量でした。

d0007062_2313251.jpg


貧乏性なのであの爆発的な量の食事を残さず食べて帰りました。よって、帰りはカロリー消費のため青山一丁目駅まで歩いて地下鉄に乗り込みました。

¥1000のランチ、量と味を思えばコストパフォーマンスは良いんじゃなかろうかと。洋楽ロックファンなら、プロモ見ながら食事ですから、よりお得感増します。であと、平日の15時頃はお客さんがほとんどいないので、静かに食事できます。
[PR]
by katze888 | 2009-04-13 23:13 | レストラン or カフェ

Cafe @ Harley-Davidson Showa-no-mori

昨日のウォーキングで、最終的に到着したJR昭島駅。2時間近く歩くとさすがにくたびれます。駅周辺のどこかで軽い食事を、と思って昭島駅南口から駅構内通過し、駅北口にあるモリタウンというショッピングセンターのレストラン街を見て周ったものの、どうにも入る気持ちになれません。何10店舗ものカフェやレストラン、ファストフード店があったけど、どこにでもあるチェーン店ばっかり。昭島くんだりまで来てケ●タッキーやロ●テリアはないなぁと。

ふらふらしていると、偶然に、あのアメリカの有名なHarley-Davidsonの支店を(ハーレー・ダビットソン昭和の森、以下HDS)、この昭島で発見。しかも1Fにカフェがあったので、カフェだけ利用しました。バイクのエリアに入ろうもんなら、スタッフから営業攻撃を受けそうなので、カフェのみ。だいたいバイクことの何も知らんし。でも、せっかくなので見ておきたかったんですけどね。
d0007062_223562.jpg

d0007062_22353635.jpg

d0007062_22363354.jpg

そのカフェは表に"Cafe SHOWA-NO-MORI"と掲げてありました。多分これがカフェの店名でしょう。ランチタイムがとっくに終わっていて、アタシが入店した時に注文できたのはドリンクかマフィンだけでした。

d0007062_22372257.jpg

ブルベリー・チーズマフィンとカフェラテ(L)
d0007062_22454278.jpg

d0007062_22382279.jpg

夕方で寒かったのですが、外のテラスを利用しました。

d0007062_22384986.jpg

d0007062_22391579.jpg

テラスには2種類の遊具が。子供用ですね。

d0007062_22394333.jpg

誰かさん(多分お客さんの)のマシン。もう少し側で撮りたかった。
HDSのカフェと言っても、別段ラテやマフィンが激ウマというわけではなく、HDSのカフェでお茶したというのが良かった、ということです。

d0007062_22404762.jpg

これは店から出た時に、HDSの外壁に掲げられていた看板。映画『イージーライダー』を彷彿させるような気が。

でも、今度はランチタイムに行ってみよう。カレーやサンドウィッチなんかがあるらしいです。
[PR]
by katze888 | 2008-02-17 22:50 | レストラン or カフェ

冬の札幌: 旅といえば食べ物

あけましておめでとうございます。Katzeです。今年もよろしくお願いします。

「冬の札幌」シリーズ、2007年12月中に書きたいことの8割位くらいはUPしておきたかったんですが、できなかった。実は半分位しかUPされてません。のん気なアタシも、師走はさすがに忙しい。なもんで、年をまたいでしまいましたが、まだこの「冬の札幌」あともうちょい続けます。

今回は「旅といえば食べ物」。うふふ、アタシの得意分野です。

札幌から戻ると、同僚らはアタシに「(観光地は)どこへ行った?」というより、「●●食べてきた?」と訊いてくることが多かった。というか食べ物のことしかなかったような気が(汗)「●●食べてきた?」と言う言葉は、旅に行った人に対する挨拶みたいなもの。大阪行ったら、「たこ焼き食べた?」となるでしょう?食べ物の次によく言われたのが「小樽行った?」。札幌の観光地のことはあまり訊かれなんだ。なぜ?

でも、そのくらい札幌(というか北海道)は食べ物の宝庫とも言えましょう。大阪とはまた違う食文化があるように思います。新鮮な食材の現地調達が可能だろうから、どちらかというと素材重視な料理が中心なんじゃないかと。野菜とか激ウマですよ。北海道の有名菓子メーカー「六花亭」のマルセイバタサンドってあるでしょ?あの包には「お菓子は自然の恵みです」とあったし...現地の素材に自信あってのキャッチコピーか??長年、菓子そのものが人工的な食べ物の極みに思ってましたが、バタサンドの包みの言葉には何故かハッとしました(結構単純)。

そこで、今回、アタシが12月2日から3日間のあいだ、札幌で出逢った食べ物を紹介します。2泊3日という短い日程で、思うほどの数の店を訪れることもできず、本当に残念でした。バタバタとした中で何とか行けたお店や、見つけた食べ物の紹介。またもやかなりの長文になりますので、かいつまんで読んでもらえたらと。

12日2日(日)
この日は朝4時起きでおにぎり2個食べたっきり、空路で札幌に着いた12時ごろまでお茶しか飲んでなかった。そのため、その日の昼食のお味は「格別」でした。
①ラーメン 桑名 
d0007062_233883.jpg

みそラーメン(840円税込)
JRさっぽろ駅から、すすき野のホテルに向かう大通りの途中で偶然見つけたラーメン店。内装はシンプルで清潔。「ウナギの寝床」という言葉がふさわしい長細い店でしたが、窮屈さは感じなかった。濃厚で脂っこい味噌味のスープにメンマ、豚の角煮、刻みネギ。スープがふんわりした感じで、不思議な食感でした。
オフィス街の中だとラーメン店は少なく、小雪の降る中、やっと見つけたお店でした。日曜だった為、客の入りは少なく、その分のんびりできた。アタシ以外の客は、大して悩まずさっさと注文している人ばかりで、常連さんが多いみたいです。それに対し、キャスターつきのカバンを伴って、ぼんやりメニューを眺めていたアタシは超おのぼりさんでした。カウンターのみ。キャッシャーで後会計。

②S(エス)
d0007062_23391483.jpg
  
 スープカレー チキン&ベジタブル(1000円)
 路線バスでの爆睡後、すすき野で入ったスープカレーとルーカレーの店。素揚げした野菜(ナス・かぼちゃ・ピーマン)、巨大な半身のニンジン1本、ジャガイモ、超スパイシーなチキンがスープ皿にドカッと。写真で見るよりボリュームありますよ。そこにスパイスの効いたスープ。美味しく頂戴しました。が、チキン、これだけは他店とは違うんじゃなかろうか。私は気に入りましたが、スパイス臭が凄くインパクト強い!おまけに骨付きで大きな塊が2つ。実は、1ヶ月経った今でもこのチキンのスパイス臭が鼻から離れません(帰京後ネットで調べたら、この店のチキンはタンドリチキンとのこと。タンドリってこんな味だったのか)。オーダーした時はスープカレー1食に1000円は値が張るなあと思ってましたが、食後、すすき野であの内容なら1000円は許せるかなと。毎日は無理ですけどね。でももう一回食べたい。やみつき。長いカウンター席とテーブル席があり、夕飯をひとりで食べに来ても特に違和感のない雰囲気でした。キャッシャー無し。会計は食後座っていた席で。

12月3日(月)
①零(ゼロ) 
d0007062_23401580.jpg

みそラーメン(950円)
「桑名」に引き続き、たまたま見つけたすすき野のラーメン店。昼食抜きで寒い中で観光を続けた後、寒いやらフラフラだわの状態で入り、マジでパラダイスのようでした(笑)ここでも味噌ラーメンを注文。零のチャーシューは炭火で炙ったような味がして良い香り。これは美味しかった。零も濃厚で脂っこいスープで、そこそこ満足でした。撮った画像に薄茶のひょろひょろした物が見えるんですが、揚げネギ?また忘れた。零のスープもふわふわした舌触りでしたが、これって流行なのかな?カウンター、テーブル席両方あり。店員さんの感じが良かった。食券システムだったような気がする(忘れた)

②コンビニで買ったピザパン(値段忘れた)
d0007062_2340502.jpg

夕飯が早すぎたので、軽食を買っておこうと宿泊先(すすき野地区)そばのセ●ンイレ●ンに入った際に見つけました。購入のポイントは「北見産たまねぎ使用」。地元で製造された何かをと、店内で血眼になって探しましたが、短い時間で確認できたのは、ロイズのチョコプリン、テイクアウト用の弁当や麺類、サラダ等、そして、この手の調理パン。ロイズのチョコプリンは東京にもあって、既に食べていたし、ちょうど食後で弁当・麺類は胃が拒否っている状態でした。最終的には日持ちがしそうで、食感が軽そうで、地元色を強めた「北見産たまねぎ使用」というラベルをつけたピザパンに決定。お味は...不味くはなかったけど、それ以上の物でもなかったっす。一応、コンビニで「北海道」を見つけただけでも収穫でした。

③北海道神宮の休憩所
d0007062_23414352.jpg

 「郭公の里(かっこうのさと)」+ほうじ茶(無料)
①②よりも前の16時あたりに口にしてました。夕方前、円山公園内にある北海道神宮をぶらぶらしていると、灯りのともった休憩所を発見。そこでほうじ茶と一緒にお菓子「郭公の里(かっこうのさと)」を無料でもらいました。冬の札幌では、暖房のきいたこの手の休憩所というのは本当に重宝します。休憩所内は意外に広く、菓子メーカーの六花亭が出店してます(そこで販売されている商品の種類は少ないので注意)。無料でもらったおこの菓子は六花亭の商品で、後にネットで調べたところ、「バターせんべい」というものらしいです。この郭公乃里は軽くてサクサクと歯ざわりが良く、甘さ控えめで上品な味。アタシは気に入り、数パック土産に買って帰りました。ちなみに1袋2枚入、8袋1パックだと240円で販売されてます。

12月4日(火)
海老天(札幌・大丸百貨店7Fレストランフロア)
d0007062_23421979.jpg

花御膳(1480円)
昼食に利用しました。初めは「ぐるなび」で探した同フロアの寿司店に行く予定にしていたのです。が、急遽、海老天さんに変更。理由は単純。大丸まで来る間、外で体がすっかり冷えてしまい、冷たい寿司はパスしたくなったため。でも、変更して正解でした。注文した「花御膳」は小さな海老天丼と海鮮丼がセットで、お吸い物、和え物、デザートまでついてきました。女性向かな。海老天丼もそうですが、特に海鮮丼、これ、本当に美味しかったです。海鮮丼のネタが甘くてまったりしたお味で、アタシ普段は生魚そんなに食べませんが、ここのは大好きになったんですけど。もう一回行きたい。テーブル席がほとんどでしたが、お座敷も有り。この店はランチの時間帯ならひとりで来店は問題ないですが、夜はちょっと厳しいかな。会計は食後キャッシャーで。

ちなみに、3日(月)と4日(火)の朝は宿泊先(サンルートニュー札幌)の朝食バイキングを利用しました。ホテル地下1Fのレストラン「アリタリア」。旅行会社を通じ渡航前に予約し、1回1200円でした。バイキングは和・洋(中華がなくて残念)。ちなみにコーヒーと紅茶はアイスもホットもテイクアウトが可能でした。料理は「こんなもんかな」と言う感じ。サラダバーにあったグレープフルーツドレッシングが斬新なお味で、良い香りでした。ここでもアタシは北海道産と銘打った何かを探しました。で、あったのは、3日朝のジャガイモコロッケ、4日朝の帆立フライ。3・4日両日ともあったのは蒸かしたジャガイモ、松前漬け、イカの塩辛。道産の食材で調理された物はどれも美味しかった。地元産の食材を扱う際はコックさんも気合が入るのでしょう。アタシはイカの塩辛だけはパスしました。臭くてどうにも苦手です。一方、松前漬けは好物です。

またもや、旅の食事ごときで、レポート用紙3枚分というダラダラ長い内容になってしまいましたが、旅の時に必要だと思われる箇所だけでもかいつまんで読んでもらえると良いかと(じゃないとしんどいと思う)。

札幌では観光地を巡るだけでも大変だったので、札幌に行ったらココ!みたいな店だけはポイントとしておさえて店選びはしたつもりでした。でも、本当は常連さんの多い地元密着型の店にも行ってみたかったんですけどね。さっぽろ駅周辺や大通、すすき野あたりのお店は観光客が多くて、地元の雰囲気が感じられないことが多いです。だから、フツーの居酒屋とか、東京でもフツーにあるエスニック料理店とか、あとフツーにマックとかケンタとか。こういったところが返って楽しいこともある。ファストフード店なんて、地元の人の方言なんか聞こえてきて旅の情緒を感じることもあります。縁があってまた札幌を旅できるのであれば、そんなフツーな所にも行ってみたいです。

追記:各店舗の住所や電話番号は調べて後にUPしたいと思います。
[PR]
by katze888 | 2008-01-02 23:43 | レストラン or カフェ

母校の学食にて

昨日昼頃、渋谷近辺に行く用事があった。

渋谷に到着したものの、その時は昼食をまだとってなかった。用事を済ませる前の腹ごしらえにと、立ち寄ったのは母校の学食だった。我が母校の学食はやっぱり安い。在校生や大学関係者のみならず、母校の周辺に勤務している人達や、向かいにある某劇場や教育系文化施設来場者らにも絶大な(?)支持を得ているのである。

d0007062_162496.jpg
     (やたら明るいディスプレイだが、写メがしょぼいのかネームプレートの文字が読みずらい。)

在学中は何かとこの学食には世話になったものだ。食事のみならず、予習やレポート作成、テスト前の詰め込みの際にも。図書館も沢山利用したが、学食は正門のすぐそばにあって、しかもICカードをゲートに通さなくても座席がフツーに確保できる。超便利で気楽似利用できる場所だった。

そこで肝心の食事、ラーメンやうどん・そば類は今でも300円~400円位。ところが定食のお値段が異様に安く、一食400円前後。麺類より定食類の方が作りおきがある程度できるせいか、かなり割安。しかも若い学生向けだし、量がすごい。女性の場合定食は量が少し多く感じられると思う。

母校のある渋谷のとある地区というのは、銀座ほどではないけど、物価が高い。従って食費も高くつく。なもんで、母校の学食を利用しない手はない。大学の学食は基本学校関係者以外の人も利用できるもので、一般のレストランを利用する時の半額ですませることもできる。

先にも話したが、母校の学食は正門のそばに入り口がある。さらに「RESTAURANT」という赤い文字とフォークとナイフや器のイラストを併記したデカイ看板を掲げている。ウチは部外者大歓迎といわんばかり。一方、他の大学ではあまり外部の人間に利用して欲しくないのか、非常に分りずらい場所に学食を設置していたり、看板を出さないなど、閉鎖的である。なもんで、我が母校の学食の利用者というのは、明らかに大学の関係者に見えない、お子様連れの家族、またはおばちゃん集団、営業マン風の男性がちらほらいる。開かれすぎなのか?

さて、この日アタシが選んだメニューはシェフの気まぐれメニューの「タイカレー」450円。数年前にはエスニック系のメニューなんてなかったぞ。「所詮学食の安いメシだ、しかも超甘いコンビニの菓子パンを「世界一ウマイ」と感激していそうなお子様学生相手だし、タイカレーの味なんて大したことは無かろう」とバカにしつつも、チケット買ってしまった。しかしそのお味というのが「意外にイケる」。しかもタイ料理らしく「筍とインゲンが使われていて、唐辛子がちゃんと効いている」。セットに味噌汁がついてきたのは蛇足だったが、全体的な評価は80点にしておこうか。

d0007062_174892.jpg
          (タイカレーに味噌汁(わかめ)は勘弁してくれ。)

数年前にはまだ日替わりメニューだった「あぶらそば」が、最近ではレギュラーの座についたり、無くなってしまったメニューがあったり、新たに出てきたメニューがあったり...実は今年初めにこの学食利用したけど、短い間に若干だけどメニューが変わった。なんか妙に寂しい気持ちになってしまった。

気づけば、今年初めにはこの学食にはなかったと思しき「意見箱」が、凄く分りやすい場所に設置されていた。この学食はお安いし、美味しいし、地域貢献も十分しているとは思う。でも、今後のサービスの向上のために意見が欲しいんですと...逆に高い外部の店に流れていく学生もいるということか。

大学の中に入っていても、あぐらをかかないこの学食の姿勢は大事ですな。さすが。
[PR]
by katze888 | 2007-10-28 01:15 | レストラン or カフェ

ファラフェルサンドを食す

先週某イスラム料理店で食事をするつもりが、店の前まで来て店内の座席数の少なさに引いてしまい(外から見ても4席ぐらいしか確認できず、すでに2人客がいて入りづらかった)、結局東京ジャーミイだけ行って帰ってしまいました。なもんで昨日(16日)、夜バイトを終えて、もう一度そのイスラム料理店に行ってみました。もし客がいたら、食事をテイクアウトにしてバイト先の休憩室で食べりゃいいかと思ったので。

その某イスラム料理店はというのはエジプト料理の店です。世田谷区北沢、小田急線東北沢駅そばにあるDeli Shop「うちむら」。レストランではなく、デリ(総菜屋)の形式で、座席数が少ないのはそのせいです。おかずやメニューの品数は少ないけど、500円あればピタのサンドウィッチ、もしくはチキンカレーか鶏のから揚げ弁当も買え、良心的。毎日の昼食にはかなり重宝しそうです。しかし、アタシのバイト先から徒歩で片道約15分のところなので、さすがに昼には利用しにくいです。昼に仕事が終わった時か夜しか行けません。この店の近所にいる人が羨ましい。

アタシは昨日うちむらでイートインでチキンカレー(500円)を食べ、テイクアウトでファラフェルサンド(500円)を頼みました。エジプト料理にはチキンカレーはないんですが、そのデリのヤツはイケました。南インド風なんでしょうか、トマトの風味が効いていて、さっぱりした味。贅沢言えばインディカ米で食べたかったような気が。

今回とにかくショックだったのはテイクアウトで買った↓の「ファラフェルサンド」でした。
d0007062_0461037.jpg

写真には1個だけしかありませんが、実際は2つ売りです。一番上にトマトがドカッとのっかっていて見えませんが、その下にはピクルスやキャベツ、豆のコロッケ(ファラフェル)があるんですけど、それにしてもトマトがデカいです。

ところでこのファラフェルサンド、とにかくウマイ!!!ニンニク臭さがたまんない。肉料理じゃなくてベジタリアンフードなのに、ラーメン屋の餃子みたいにパンチが効いてました(例えがヘン?)このファラフェルサンド、ヒヨコ豆(もしくはそら豆)を潰してハーブやニンニクで風味付けしたコロッケをヨーグルトソースと野菜と一緒に、ピタ(中東風のパン)に挟んだものです。「豆のコロッケのサンドウィッチ」と聞くと、皆さん「イモのコロッケより素っ気無さそう」に思いましょうに。でも、ナメてはなりません。味つけや付け合わせの野菜・ソースなどの組み合わせが絶妙なため、このサンドイッチはいっぱい食べた気になれますよ。

店内のショーケースには量り売りのサラダや和え物で「ねっとりぬるぬる・水分量多い系」メニューを中心に、10種類前後あったでしょうか。モロヘイヤやヒヨコ豆という日本ではあっても頻繁にお目にかかれない素材が多くて面白い。中東の料理って豆や野菜を潰してねっとりと作った料理や粘っこくてモチモチしたお菓子が多し。空気が乾燥して水が不足がちな国が多いからでしょうか、気候に合わせ粘りや滑りをつけて食べやすくしているのでしょう。

このエジプト料理のデリは、エジプト人男性と日本人女性の夫婦で切り盛りしているそうですが、昨日の夜は女性だけが店舗にいました。店が店だけに、外国人のリピーターが多そうです。日本人の奥様は英語が堪能な様子でした。

以前、このうちむらの超リピーターであるバイト先の同僚が「一度行ってみて!」と勧めてくれました。そんでもって、ネットで調べてみるとこのエジプト料理のデリは有名なようで、あちこちのHPやブログに載ってましたわ。ベジタリアンや中東料理に関心ありの方にはいいお店だと思いますよ。

Deli Shop「うちむら」
所在地:東京都世田谷区北沢3-2-11
TEL:03-3468-2715
営業時間:月~土 11:00~20:30 
定休日:日曜日
交通・アクセス:小田急線東北沢駅より徒歩2、3分

(参考資料: All About)
[PR]
by katze888 | 2007-02-18 00:53 | レストラン or カフェ

老舗喫茶のマッチ(神保町さぼうる)

神保町の有名老舗喫茶さぼうるの小さな赤いマッチ箱。

d0007062_23573877.jpg


9月末頃に学友Yちゃんと食事・飲みにさぼうるを利用した時にもらった物でして、これ結構可愛いですね。ここ10ヶ月間、月に1回タバコを吸うか吸わぬかというくらい、セミ禁煙モードのアタシですので、このマッチは1回も使ってませんけど。

d0007062_23563294.jpg

d0007062_23581633.jpg


トーテンポールと(おそらく)メラネシアかミクロネシアあたりの木彫りの人形のイラストが裏表に描かれて、側面には「じんぼうちょう地下鉄の横丁 茶暮売(さぼうる)」とある。文字は手書き文字を印刷してますが、オーナーの書いたの文字なんだろうか?

適当に撮影してみましたが、写メで撮ると、マッチ箱の文字が潰れて読みにくくなるんですよね。肝心のイラストは一応無事らしいです。写メでの撮影はさすがに限界があるなぁ。
ちなみに、このさぼうるってお店は40年以上、千代田区神田神保町で愛され続けている、オールドスタイルの喫茶店で、さらに独特の雰囲気のある店です。このさぼうるは、さぼうる1(お食事中心)と、さぼうる2(洋酒と珈琲)と2種類の店があります。

2000年代前半の約2間、神保町付近の短大2部に通っていたけど、アタシはさぼうるの存在は知りつつも、一度も入店したことが無かった(授業が21時終了だったので早く帰りたかったし)。ということで、卒業後に入るようになった店です。

先月末は一晩で1と2両方行きましたが、特にさぼうる2(洋酒と珈琲)の店内は凄いです。熱帯雨林諸国や北米インディアンの民族工芸品が山ほどあるんです。それにしても、あんな夥しい数の工芸品を無造作に置きまくったり、壁・柱に飾りまくっているけど、勝手に持って帰る輩がいるんじゃないだろうか?と軽く心配になってみる。

食事や飲み物は決して安くはありませんが、雰囲気が好きなので、神保町に来る度ついつい入ってしまう店になってしまった。ちなみに、さぼうる1の名物はスパゲティナポリタンらしいです(食べたことはないけど、大盛ですごいとか)。あと、さぼうる2はミックスジュースとイチゴジュースが人気らしいです。カクテルもそこそこイケますよ。

さぼうる1と2は都営もしくはメトロ神保町駅A7出口のすぐ側です。まるわかりです、ハイ。
[PR]
by katze888 | 2006-10-15 00:16 | レストラン or カフェ

ごめんなさい、見くびっておりました

「残りものに福がある」というべきか。京王八王子駅近くに今月10日に開店したばかりの、スペイン料理の店にて食したランチセットのメインディッシュ。ハンバーグセットでしたが、これが「美味い」の一言に尽きる。

ランチタイムのラストオーダーの14:00ジャストに入店したせいか、このハンバーグセットしか残ってませんでした。「魚介のグリルもん」「牛肉のスペイン風なんとやら」のような、いかにもスペイン的なものはさっさとはけてしまっていた。

予想だにしなかったハンバーグセットの美味さ。最近、こういった小さなことでも妙に嬉しくなってしまうアタシなんですが、ちょっとヤバイでしょうか?(でも、本人的にはめでたしめでたしなんだけどさ)

d0007062_23282463.jpg
一番最初にスープが登場。溶き卵とトウモロコシのスープで、一見、中華?なんだけど、ブイヨンのスープ。最初のこのスープが美味しかったので後続のモノもかなり期待できました。













d0007062_23285255.jpg
これが噂のメインディッシュのハンバーグ。食べかけですんません。調理方法不明(フツーに煮たんだろうか?)の赤いパプリカとトマトと、サワークリームらしきもので和えたポテトが添えられていた。ありきたりな表現しかできないんですが、「ジューシー」で「まろやかな酸味」がありやんした。

スープ、サラダ、メインディッシュ、ライスorパン、ミニデザート、コーヒーor紅茶で、850円(税込み)といったランチメニューでした。最初に「え~、ハンバーグしかないの?」ってがっくりしたような顔しちゃったので、ごめんなさい、と店長さんに言いたい。


EL VALENCIANO
TEL・FAX: 042-642-3160
[PR]
by katze888 | 2006-08-24 23:59 | レストラン or カフェ

Katze(カッツェ)です。どうぞよろしく。


by katze888

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
自己紹介
mail to katze
リンク集
コメント非公開の件
ごあいさつ
更新・お知らせ
ネコ・動物
飲食
レストラン or カフェ
旅 or 海外事情
散策・界隈
季節
植物
映画・舞台
音楽
文学・読書
美術
学問・教養
健康・美容
仕事関係
インターネット・PC
出来事
その他
政治・法律
経済・社会

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
more...

Link

ライフログ


Innervisions


Led Zeppelin III


カーメン・ライヴ・アット・センチュリー・プラザ(完全盤)


The Best Smooth Jazz...Ever!


愛しのチロ


東京猫町


ひみつのグ印観光公司


ワイズ・チルドレン


Kai Tak


ストレンジャー・ザン・パラダイス


ヴァセリンPリュームジェリーLL (3入り)


THERMOS 真空断熱ケータイマグ ステンレスブラック JML-351 SBK

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧